知ってた?工場の期間工は高収入

日給一万円超えは当たり前!

工場で働く期間従業員のことを「期間工」とよぶこともあります。この期間工の仕事というのは、資格がない人や働いた経験がない人、学校を卒業をしたばかりの人でも大金を稼ぐことができる仕事として昔から有名です。資格や職業的なスキルがない人が、給料の良い仕事に就くのは簡単なことではありません。ところが、期間工の仕事ではそれができてしまうんです。
期間工として採用されるためには、学歴や職歴、特別な資格など必要ありません。ヤル気と体力があれば誰でも採用されるチャンスがあります。年齢が20歳の人も、40歳の人も年齢に関係なく採用されています。給与は日給単位で計算される工場が多く、相場は1万円を超えています。地方では日給1万円を超える仕事なんてほとんどないので、この金額がもらえるならチャレンジしてみる価値がありますよね。

残業は稼ぐチャンスだ!

工場で働くとさまざまな手当を受け取りますが、金額的に大きいのが残業手当です。工場での勤務はいつも決められた時間に始まり、定時に仕事が終わるのが原則です。しかし、忙しい時期には1時間から3時間程度の残業が続くことも珍しくありません。残業となると最低でも2割5分の残業手当がつくので、一ヶ月間に積もり積もるとかなりの金額になるんです。工場で働いている人の中には、今日は残業があるとわかると大喜びする人もいるほどです。
工場では機械の故障などで製造がストップしたり、作業が遅れることも珍しくないので、機械や設備のトラブルが起こった日も残業できるチャンスです。残業する時間が午後10時以降の深夜時間に及ぶと、残業手当に加えて深夜手当まで支給されるのでさらに美味しくなりますよね。

住み込みで仕事をしたいと希望している時は、重点的に探す方法が有効です。職種やエリアを絞って調べることも可能です。